フジジン おさしみ 霧島 あまくち

甘口醤油

鹿児島県霧島に行った時に、なにか霧島っぽい醤油を買おうと思って買った一本。
購入したのは、年中無休24時間営業の超大型スーパーA-Zです。
恐ろしく数のある種類の醤油の中から、霧島という文字を見つけて購入したのですが、帰ってから実は大分県のメーカーさんだという事が発覚しました。今回はそんな「フジジン おさしみ 霧島 あまくち」の紹介です。

そんなフジジンは、大分県臼杵市の富士甚醤油さんのブランドで、「安心を、いただきます。」をスローガンとして掲げているそうです。

この「フジジン おさしみ 霧島 あまくち」ですが、後から調べてみたところによると富士甚醤油さんの中で一番甘い醤油とのこと。ちなみに色はかなり濃い目の黒目の色をしています。

そんなことを露知らずまずは一口ぺろり。
口に入れた瞬間から甘みがどばぁああああ。と押し寄せて来ます。
一人で思わず「あーまっ!」と叫んでしまいました。
しかしながら、べたーっとした甘ったるいさとかそういう感じはありません。
刺身ならトロ、赤身、イカ、〆鯖などに美味しいです。刺身と使うとこれが丁度いいバランスになるから不思議なもんです。相性って不思議。

ちょっと甘い卵かけご飯卵かけご飯が好みなら、TKGにも良いですね。みりんと砂糖などで、穴子のツメ、蒲焼きタレ、天丼タレになどの甘たれを作ったのですがこれもすごく美味しかったです。煮物の仕上げに少量いれると味が決まるかもしれません。

この甘口醤油は、醤油ができた段階でアミノ酸液や糖分や甘味料を加える「混合方式」で造られた醤油で、アミノ酸液と甘味料のほか、砂糖、果糖ぶどう糖液糖が入っているので上記のようにかなりの「あまくち」の仕立てになっているのでしょうね。

さてそんなわけで購入したのは前述の通りA-Zというスーパーなのですが、醤油の品揃えがとても「エグい」のです。

HPのトップページに醤油が!
こんな棚が延々と続く醤油天国。上段にフジジン霧島が。

10mほどの棚にこんな感じで延々と醤油が続くんですよね。他にも醤油の売出し商品の棚もあったりして、いくつの種類があるのでしょうか。。


なんでしょうね。天国でしょうか。
というかどれを買えばいいのか、、、。(困惑)
地元の方はこの中からご贔屓のものを買うのですね。
全制覇したいけれどもこれは先が長そうだ、、、。

※写真のサイズはお試しサイズ80mlボトルです。おいしく頂きました。

フジジン おさしみ 霧島 あまくち
名 称    : こいくちしょうゆ(混合)  
ブランド   : フジジン
製造者    : 富士甚醤油株式会社
カテゴリ   : 濃口醤油(甘口)
発酵熟成   : -
仕 込    : -
原 料    : アミノ酸液、食塩、脱脂加工大豆、小麦、砂糖、果糖ぶどう糖液糖、カラメル色素、アルコール、調味料(アミノ酸等)、甘味料(サッカリンNa、ステビア、甘草)、ビタミンB1
塩分濃度   : -
ホームページ : https://www.fujijin.co.jp/
購入場所   : A-Zはやと
作ったもの  : 刺身、トロ、甘たれなど