笛木醤油 蔵づくり一番 金笛しょうゆ

埼玉県比企郡川島町にある寛政元年(1789年)創業の笛木醤油さんの「蔵づくり一番 金笛しょうゆ」です。
国道254号線と圏央道が交差する大きな松屋の物流センターが見える川島ICから南方に5分ほど行った所に笛木醤油さんがあります。
関東近郊のスーパーなどでは、笛木醤油さんの「金笛 減塩醤油」のほうをよく見かけますが、この商品はあまり見かけたことがありませんでした。たまたま寄った普段あまり行かないスーパーで見つけたので手にとってみました。

写真からもわかるかもしれませんが、醤油の色はかなりしっかりした黒めの濃い色です。味の方はしっかりした味わいと旨味、コクとまろやかさを感じることのできる醤油。味わいは昔ながらのしっかりこってりめの旨味です。また塩味もしっかり醤油なので、油の強いもの、味わいの強いものにも負けない印象です。
旨味とコクがあるので、照り焼きや煮物など昔ながらの和食の普段使いに使うのがおすすめです。照り焼き、煮物が美味しかったですね。麺類の汁に使用する時は、少量でも色がかなり付くので量のコントロールにお気をつけください。

個人的には、かけて使用するより料理に使用するのが好みですが、冷奴や湯豆腐などにつかっても美味しいと思います。

笛木醤油さんは19年11月に、「金笛しょうゆパーク」をOPENいたしました。“食べる”“学ぶ”“買う”“遊ぶ”事が出来る醤油の施設で、商品の購入はもちろん、レストランでは、店内製麺のうどんを食べることも出来るほか、金笛しょうゆ楽校(工場見学)と言う名の醤油蔵の見学も可能とのことです。

川越には、同じく金笛醤油さん経営の「うんとん処 春・夏・秋・冬」といううどん屋さんがあり、こちらでも金笛醤油使用のつゆを堪能できるそうですよ。
ちなみに同じく川越には、「はつかり醤油」の松本醤油商店さんがありますが、こちらも徒歩5分ほどのところなので、川越蔵の街散策の際にはどちらも行ってみると良いかもしれませんね。

※写真のサイズは1000ml瓶です。おいしく頂きました。

笛木醤油 蔵づくり一番 金笛しょうゆ
品 名    : こいくちしょうゆ(本醸造)
ブランド   : -
製造者    : 金笛
カテゴリ   : 笛木醤油
発酵熟成   : -
仕 込    : 木桶
原 料    : 大豆、小麦、食塩
塩分濃度   : -
ホームページ : https://kinbue.jp/
購入場所   : スーパー
作ったもの  : 照り焼き、煮物、主に普段使い